更年期障害を緩和

メイクアップ

50歳以上の閉経後の女性に多い病気が、更年期障害というものです。この更年期障害は、閉経で女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急激に減少することで起こります。エストロゲンが体内で不足すると、体の自律神経の調節が上手くいかなくなります。それによって、心身の不調が起こりやすくなります。更年期障害の具体的な症状は、自律神経の異常で寝付きが悪い、眠りが浅いなどの症状が現われます。その他にも、少しのことでイライラしたり、不安になります。それと、めまいも起こります。たとえば、急に立ち上がった時に目の前が真っ暗になり、血の気が引いていきます。また、以前よりも疲れやすく感じたり、うつの様な状態に陥ることもあります。このような更年期障害を改善するのに効果的なのが、ホルモン補充療法です。

更年期障害を治すのに有効なのが、ホルモン補充療法です。このホルモン補充療法とは、閉経で減少したエストロゲンを補充する療法です。エストロゲンを外部から補填することで、更年期症状が改善されます。ホルモン補充療法は、日本ではまだ一般的な治療法として広まっていません。しかし、海外ではすでに20年もの実績があります。昨今では、日本でも徐々にホルモン補充療法は広まりつつあり、扱っている医療機関も増えています。ホルモン補充療法には、適さない方もいます。たとえば、子宮体がん、乳がんにかかっている方です。というのも、乳がんの方が5年以上ホルモン補充療法を受けると、乳がんの発生確率が上がるからです。よって、注意する必要があります。

目を整形している女性